テレビチューナーを増設しました2017/11/22

パソコンでTVを観るためのパーツ=PIXELAのテレビチューナーPIX-DT295W」を買いました。

意外と小さい本体です

家を建てたとき、書斎のコンセントには有線LANポートとTVアンテナ端子をつけました。

いつか書斎でテレビを観ながら仕事をすることもあるだろうと思ったからです。

授業で使えるTV番組もあるので、それを録画できたらいいな~という思いもありました。





昔の自作パソコンのときにもテレビチューナーボードを付けていました。

当時はまだアナログ放送だったので、録画もできました。

しかし、自作パソコンが代替わりするにつれ、相性も合わなくなってきました。

そしてデジタル放送に切り替わると、もう使えないカードになってしまいました。



そんなわけで、次にテレビチューナーを増設するときには、内蔵ボードではなく、USB接続にしようと決めていました。

せっかく買っても相性が悪くて使えない可能性はあるし、将来的にテレビ放送の規格やパソコン側の規格(端子)が変わって使えなくなる可能性もあると思ったからです。

内蔵ボードよりもUSBのほうが中古で売れやすいだろう、という狙いもありました。

内蔵はこちら。PIX-DT460






さて、箱を開けて、B-CASカードを挿して、家に余っていたテレビのケーブルをつなぎ、USBをパソコンに挿しました。

次は専用アプリStationTV X」をダウンロードして利用して、インストールします。

お終いです。何の問題もなくテレビが映りました。めでたし、めでたし。



ちょっと困ったのは、うちで使っているデュアルディスプレイのうち24インチワイドの「RDT231WLM-D」はHDCPに対応しているので映せましたが、17インチの「RDT178M」はそれに対応していないことです。

17インチ側にウィンドウを移動させようとすると、ソフトが落ちます。

常にメインディスプレイとして使っている24インチワイド側で観なくてはいけません。メインでの作業中に「ながら」しようと思うと、ちょっと邪魔くさいのです。



また、「StationTV X」ですが、ネットでは使いづらいと評判ですが、確かにその通りでしたw

慣れかもしれませんが、もう少しユーザーフレンドリーなインターフェースにならないものかと思いますね。

マウスでコントロールするには、反応が遅いことも相まって、操作性がよくありません。早く自分が慣れることを期待します。

パソコンでテレビが見れる贅沢

それでも、パソコンでテレビを観られるのは、パソコンの可能性を広げてくれるという意味でとても良いです。

次は、スマホに録画番組を観られるようにする「ワイヤレスTV(StationTV)」を試してみるなど、スマホとの連携を試してみます。

それと、録画番組をDVDやBDに書き出したり、持ち出し再生をしたりして、本体以外の場所で再生することです。



とりあえず、「おまかせ予約」で「お笑い」と「ガンダム」を登録しましたw

実際には、観る時間はほとんどありませんけどね。。。

だから、HDDが埋まっていくことに満足を感じ、一気に削除することに快感を覚えますw

内蔵メモリーカードリーダーを増設しました2017/11/21

新しく買ったデスクトップパソコンは、順調に使っています。キーボードとかは結局まだ新丁していません^^;

ただ確実に困っているのが、デジカメのメモリーカードが読み込めないことでした。

パソコン工房の直販サイトから、パソコンを注文したときに、BTOで選べるものが少なくて、どれにしようか決められず、注文時には「何も無し」にしていたのです。

本体には「3.5インチ拡張フロントベイ」が1つあるので、いずれはそこに内臓したいなーと思っていました。



そんなわけで、いろいろamazonで物色していたのですが、ようやく決めることができました。選んだ条件としてはいくつかありました。

第1に、自分が使っているデジカメやスマホで使用するカードが、直接挿せることです。

今使っているものを挙げてみると、

CFカード(EOS 7D用)

xDカード(Olympus μ770SW用

SDカード(嫁ちゃんのデジカメ)

microSDカード(スマホ)

があります。特に、xDカードはSDカードに追いやられてマイナーな方なので、これに対応した物を選ぶと、だいぶ絞られることになりました。



第2に、USB3.0ポートがあることです。

このパソコン本体の不満の一つが、フロントパネルのUSB2つがUSB2.0であることです。

分かっていて買ったのですが、できればやはり、今どきUSBは3.0で使用したいところです。

USB3.0に対応したモバイルHDDを使っているので、恩恵はあるはずです。(今は裏のUSB3.0を延長ケーブルで前に出してきてHDDをつないでいます。)



第3に、マザーボードの内蔵USBポートを使いたいということです。

詳しいことは分かってないのですが、マザーボードの盤面に「USB」と書かれた19ピンのコネクタがいくつかあったので、それに挿せば使えると思いました。

商品には20ピンの穴が開いているので、これでいいのかどうかと思いつつ、でもきっと大丈夫だろうと思って探していました。

自作から遠ざかっていたので、この辺の知識も勘でしかありませんw





最終的に選んだのは、自作パーツメーカーとしてはメジャーなオウルテックの「OWL-CR6U3(B)/BOX」という商品でした。

上記、条件をすべて満たします。

他のメーカーにはeSATAが使えるものや、カードリーダーの電源をON/OFFするスイッチが付いているものなどを見つけたのですが、特に必要ないかなと思いました。必要になったときに、検討し直せばいいでしょう。

以下、自分のために詳しい情報を載せておきます。
購入しました~
3.5"ベイ内蔵型・カードリーダー/ライター 61in1 USB3.0 I/F
大容量SDXC対応 / 高速UDMA7対応
5スロット+USB3.0 全スロット同時使用可能
スーパーホワイトの交換用白ベゼル付属
大容量SDXC対応・高速UDMA7対応3.5インチベイ内蔵型カードリーダーライター
ファームウェアアップデート可能で安心
GENESYS LOGIC GL3220搭載・ USB 3.0、UHS-I、UDMA7に対応
Windows 8に完全対応
microSDカードが変換アダプタ不要で直接挿せる
最大転送速度5Gbps対応USB3.0インターフェイスも搭載 
5スロット+USB3.0 全スロット同時使用可能
その数61種類! ほとんどのメディアに対応
USBバスパワー動作で電源ケーブル不要



ビデオカメラを買うか買わないか問題2017/11/15

お子さんがいるご家庭ならば、絶対に迷うであろうこの問題。

我が家でも、大きな行事のたびに話題に上がって、そして保留のまま行事を迎え、特に問題もなくその時を終えています。

今回は体育発表会という行事でした。



マット運動やダンス、組体操などの体を使った学習発表会ですね。

前回の運動会とはちがい、競争という要素はありません。

自分の練習の成果やクラス、お友達との練習の成果を披露する場という感じです。



この時期なので行事は体育館で行われますが、保護者は2階のギャラリーから見下ろすことになります。

奥さんがリハーサルのときに参観してくれたおかげで、本番の場所取りもいい場所を把握ずみです。

ギャラリーから娘まで、直線距離にして5m~10mといったところでしょうか。





さて、表題の問題です。

ビデオカメラを買うか買わないか、です。

言い換えると、ビデオカメラで撮るか、スマホのカメラで撮るか、です。

はたまた、ビデオカメラで動画を撮るか、デジカメで静止画を撮るか、です。



なんでためらうのかと言えば、

「ビデオで撮った動画って後から観ないよね?」

ということなんです。



どう思いますか?

うちは私がカメラが趣味だということもあって写真はよく撮るので、撮った写真はフォルダに分けて日付で管理しています。

しかし、たくさん撮る割には、その写真を使って何かするということは少ないのです。それはそれで勿体ないと思うのですが、そんな状況でビデオカメラを買ってもなー、という迷いです。




今回も夫婦で話し合い、電気屋さんにも行って、ビデオカメラを物色してみました。

その結果、今回は嫁ちゃんのデジカメで動画を撮り、私のデジタル一眼レフで静止画を撮ることにしました。

その動画を見てみて、ビデオカメラを買うかどうか検討し直すことにしました。



私が使っているカメラ(と使う予定のレンズ)は、

Canon EOS 7D(MarkⅡではありません)
 + 
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(後継機出てます)
です。今年になって調子が悪くなってきて、カメラはカメラで欲しいんですよね。



嫁ちゃんのカメラは、Panasonic DMC-TZ40です。長女が生まれるのに合わせて購入したカメラです。

どちらも最新機種ではないですから、改めてここで紹介するには値しませんね。記念に写真だけ載せておきます。



検討したビデオカメラの最有力候補はSONY HDR-CX680Wでした。
このビデオカメラを候補にした件は、別記事にしておきます。(物欲を抑えなくては。)

はてさて、この問題、いつになったら終わるのでしょうか。(買えば終わるんですけどね。)


ゼロ秒思考メモを紙ファイルに綴じました2017/11/13

ゼロ秒思考は断続的ではありますが、なんとか続けています。

やらないと罪悪感が芽生えるくらいの習慣にはなっています。

で、今回はまたゼロ秒思考そのものについての悩みです。

今回もフォルダ分けについてです。(前回もそうだった気がする)


ゼロ秒思考は、はじめはやはり著者の赤羽さんの言うとおりにやるのが間違いないと思います。

ゼロ秒思考のフォルダ分けについて、公式では「ある程度の枚数(100枚)になったら5~10個のクリアファイルに入れて、その後の様子で増減する」ということだったと思います。

これまでメモの枚数を増やしながら、仕分けのときにフォルダも増やしてきました。



いろいろ分類しながらフォルダが13個まで増えました。

『1年理科』『2年理科』『3年理科』

『学級経営』『現職教育』『生徒について』

『総合的な学習の時間』『部活動について』『研修のアイデア』

『自分に関するアイデア』『コミュニケーション』『将来のこと』

『手帳術・仕事術』

こんな感じです。



そして最近、メモの仕分けのときに、床に広げた13個のA4サイズのフォルダを眺めながら、「このメモはどのフォルダに入れようか。」と悩むことが増えました。

例えば、「手帳でクラスの総合の授業を管理するには?」という内容だと、『手帳術』『総合』『学級経営』のフォルダのどれに入れようかと戸惑ってしまいます。

1つのメモなので、どっちにも関係しそうな内容だとどちらに入れようか決められないのです。

ゼロ秒思考は思考のトレーニングであって、メモを残すことは成長の軌跡を振り返るためのものです。どこに入れようか悩むのは、本来の趣旨とは逸れるはずです。





読み返しのときにも困るようになりました。公式だと、最近3ヶ月で書いたものを読み返し、さらに3ヶ月後、つまりメモを書いてから6ヶ月にも読み返すことになっています。

しかし、フォルダが13個もあると、読み返しも億劫になります。どこにどれを入れて、どこまで読み返すか迷うからです。

フォルダも少しずつ分厚くなるので、持ち歩いた先で読もうというのも難しくなります。

そんなわけで、これらの悩みを解決するために、次の2つを行いました。





まず、クリアファイルをやめました。

少し手間かもしれませんが、紙のファイルに綴じることにしました。

単純に考えると、パンチで穴を開けて、ファイルの綴じ具を外して、穴を揃えて綴じる、というステップを踏むことになひます。



クリアファイルだと、ただ入れればそれで終わりです。しかし、厚みが増すと立てて置くことができず、横に寝せなくてはなりません。

しかし、13冊も重なっていると、目的のクリアファイルを引っ張り出すのが大変です。

紙のファイルであれば、ファイル自体に厚みがあるので、薄くても厚くてもある程度は自立できます。

立てさせられないときには、もう綴じきれない厚さになっているでしょう。



プラスチック系ではなく、紙のファイルにしたのは単純に安いからです。クリアファイルも百均ですが、紙のファイルも百均で買いたせます。

紙に穴を開けるのは、実は手間ではありません。というのも、A4裏紙のほとんどは、印刷し損ねたワークシートだったり、もう要らなくなった配布文書だったりするからです。

すでに穴を開けてあったり、必要な文書をファイルするときに、ついでにミスプリに穴を開けるようにすればよいのです。





次に、分類は5つに絞りこむことにしました。

他の人はどうしているのかと調べたのですが、なかなか実際にフォルダ分けについて、実践している方の話は出てきませんでした。

そのなかで、仕事とプライベートの2つだけという人もいて、そこまで絞り込めてすごいなーと感心してしまいました。

自分だったらと思ったときに、頭に思い描かれたのが、フレームワークでした。



ゼロ秒思考のトレーニングとしても挙げられているフレームワークに、今回の悩みも当てはめてみました。

自分のメモを振り返ると、やはりワークライフバランス、つまり仕事と生活に分けることができます。

さらに、自分自身の内と外に分けることができます。

フレームワークが2つの軸で、4つのエリアに分けて考えますので、自動的に4つの分類ができます。

さっそく先ほどのフォルダを4つに分けてみます。



『仕事/外面』(ブルー)
  「生徒について」「学級経営」「総合」「部活動」「現職教育」

『仕事/内面』(グリーン)
  「手帳術・仕事術」「研修」

『生活/外面』(オレンジ)
  「コミュニケーション」

『生活/内面』(ピンク)
  「将来のこと」「自分に関するアイデア」

ちなみに5つ目の分類は明確です。
『理科の授業について』(ブルー)
  「1年理科」「2年理科」「3年理科」



このぐらいなら、仕分け作業もなんとかなりそうです。

ふだんはクリアファイルに挟んでおいて、週に一度、紙ファイルに綴じるようにします。

また、表紙には内容をインデックスのようにまとめて、A5サイズで印刷してマステで貼りつけます。





やってみると、ファイルの冊数が減って本棚がスッキリしました。

また、ファイルに綴じてあるので、パラパラとめくって読み返しもしやすくなりました。

クリアファイルのときのように、倒れたり雪崩たりしたときに、メモがバラバラになってしまう不安もありません。

ファイルの背表紙に分類名(タイトル)を書いておけば、選んで引き出すのも簡単です。紙ファイルの色を決めて、パッと見で分かるようにしました。



とりあえず、これでしばらく運用してみます。次は読み返しについて検討します。

自分や周りの状況が変わったら、また悩むようになるだろうと思います。

フォルダか減ったことでの、メリットやデメリットも見極めていこうと思います。

【文具】デルデ限定モデルを買いました2017/11/06

文房具がブームになって久しい気がします。

ペンケースもさまざまな物が出ています。

今までも大容量の物を中心に選んできましたが、さすがにボロボロになってきたので買い替えることにしました。






そう決めてからも、なかなか決め手がなく選べなかったのですが、「ネオクリッツ」は選びませんでした。

というのも、生徒が使っている「ネオクリッツ」を見ると、ペンが入りきらなくてパンパンになっているからです。

それだけでなく、ジッパーが下までしまらず、ハの字に広がって終わっています。正直、かっこ悪いです。






ほんと疑問なんですけど「サイズがコンパクトになりました。」とか、「フラットになります。」ってキャッチコピーに意味はあるんですかね?

ペンケースは、自分に必要なペンを入れられるだけの容量のものにしないといけないと思うんですよね。

そして、ペンを入れたら膨らむんです。使い始めたら、二度とフラットになることはありません。

コンパクトで都合がいいのは、流通業界くらいじゃないのかなと。(まぁそれも大事か。)




結局、いろいろ悩みつつ「ネオクリッツ」と並んで大人気の「デルデ」を買いました。

決め手は限定モデルを見つけたことでした。

今までは生徒が持っている物と被るのがイヤだな~(「マネした~」とか言いそう)とか、

生徒が持っているデルデを借りて、自分が持っているペンを入れてみたら入りきらなかったとか、

懸案事項はあったのですが、①限定モデルなら被らないだろう。②これを機にペンの数を見直そう。ということで、食指が伸びました。





限定モデルにもいろいろあったのですが、手帳の感じとか、一応社会人だとか、教員だとか、そういったことを考えて選びました。

これから、ペンの数や種類についても検討しなおします。

これは簡単です。大好きなシグノをスタイルフィット5色にすればいいのです。(また出費か。)



【関連リンク】




いちおう、今まで見たペンケースの中で最大容量のものはコレ。ちょっと使ってみたい。ネーミングがアレですけど。

【痛ペンポーチ】


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...