【理科】化学反応式をマグネットで指導するコツ2018/05/31

章のまとめはマグネットで振り返り
今年は中学2年生を受け持っています。

化学反応式の指導では、マグネットをホワイトボードに貼って、あれこれ動かしながら考えさせる実践は多いと思います。

この授業実践のコツを紹介します。



まず、マグネットはいろいろな色(4色以上)をたくさん用意します。大きさもいろいろあっても構わないいでしょう。

マグネットをいれるトレイやタッパを用意するのもいいでしょう。

ホワイトボードもA3サイズくらいのものを用意します。大きいほうがいいですが、A3で大丈夫です。

ホワイトボードは横に使って、中心に「→」を書きます。このとき「+」は煩雑になるので要りません。

100均でどれも揃います。理科室や事務室を探して無いときは買うしかないですが、無駄に買いすぎないようにしましょう。





班活動の時は6人では多いので、多くても4人がいいと思います。(準備する数は増えますが。)

この人数だと頭を寄せて話し合うことができます。

私は6人は「生活班」、4人は「学習班」と呼んで、班を作るときに指定しています。





さて、実際にこの授業をするときの最大の悩みは、マグネットだと思います。

学校(事務室)には意外とたくさんのマグネットがあります。

たぶん、理科室にも同じような授業をしようとしたマグネットがあります。

しかし、私が出会った理科室のマグネットたちには、わざわざ白いマグネットには「H」とか、黄色いマグネットには「C」とか書いてあります。

これを「やめる」のが、この授業のコツです。



マグネットには何も書かないのです。

マグネットによって、「H」とか「Fe」とか決めてしまうから、数が足りないとかのトラブル(面倒・手間)が起きるのです。

適当な数を配って、生徒たちに自分たちで決めさせてしまえばいいのです。



もともと原子に色なんてついていないんです。(ついているのもあるかもしれませんが。)

数学で「バナナの本数をxとする。」というように、仮定することを学んでいます。

そんなことを根拠にすると、生徒にはそれほどの違和感がありません。





ですから、

「自分たちで、どの色のマグネットを水素(H)にするか、決めてからスタートしましょう。」

「ただ、つぎの問題でも同じにしてもいいし、さっき水素だったマグネットを炭素にしてもいいよ。」

「説明する人が、どのマグネットが何を表すか宣言してやるんだよ。」

と言ってやればいいのです。



これで書いたり貼ったりする手間も、必要な数を揃える手間もなくなります。

生徒たちはワイワイと話し合いながら、お互いに学びあって理解を深めることができます。

先生は「このピンクのマグネットは何を表しているの?」なんて聞きながら、机間指導しましょう。



私がよくやらせるのは次の4つです。

(1)水の合成(化合) 2H2+O2 → 2H2O

(2)マグネシウムの燃焼  2Mg+O2 → 2MgO

(3)酸化銀の分解  2Ag2O → 4Ag+O2

(4)酸化銅の還元(炭素を使って) 2CuO+C→2Cu+CO2



学習班をつくり、1人1つ分担を決めて、のこり3人に説明するのを課題にします。

分からないときは3人がフォローして教えてあげるようにします。

全部できてしまった班には、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)の分解を考えさせます。

【書斎】どうしてこうも片付かないのか?2018/05/30

いやいや~、いやいや~
このブログを書く今も思うのですが、

書斎がいつでも散らかっています。



デスクトップパソコンのディスプレイ前に、

特に今必要としていない文房具や葉書が置いてあります。

いつから置いてあるのか記憶にもない。



キーボードとマウスの右には、

整理しようと思い立って持ってきた

書類トレイが1ヶ月くらい前から鎮座しています。



その反対側には、3月末の異動のときに頂いた

生徒からの手紙などが積み上げられています。



さらにその横には、前任校で理科室前に並べていた

古い科学雑誌(ニュートン別冊)とかが山積みになっています。



後ろの本棚も、だんだんといい加減に並べた本が

目立つようになってきました。



(片付けよう、片付けよう)と思いながら

書斎に入ってくると、ちがうことを始めてしまいます。

空いている小さいスペースを見つけて、

手帳を広げたり、キーボードを打ったり。


できれば、片付けも習慣化したいものです。

【教育実習生へ】6日目への所見と解説2018/05/15

「試してみることに失敗はない。」という言葉が好きで、生徒たちに伝えています。

勇気を出して試してみないと何も分からないし、

失敗だと思えば戻ればいい、

しかも学んで戻った場所は少し違った価値を持ちます。

生徒の自立にとって大事なことは、物事の成否ではなく

挑戦への勇気です。

先生も色々なことに挑戦して、学んでください。




-------------



元になるところは、ビジネス書の『仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーデン、きこ書房、2001)から来ています。

この本から、「試してみることに失敗はない。」という言葉を学びました。

それ以来、ときどき生徒にも語るようにしています。



それ以前も、何となく、このことには気づいていました。

例えば読書です。

どんな本でも、読むか・読まないか、で考えれば、読んでみた方がいいのです。

読んでみなければ、自分に合っているかどうか分かりません。

読んでみて合わないと思えば、やめればいいのです。

そして、合わない理由を考えてみて、学べばいいのです。

内容が今の自分には難しすぎるとか、簡単すぎるとか、文体が気に食わないとか、著者の考えにどうしても馴染めないとか、実はそこまで興味がなかったとか、いろいろな気づきがあるはずです。

それは、やはり試してみたからこそ分かることです。



食事でも、スポーツでも、友達でも、勉強でも、なんでも言えることだと思います。

だから私は、私を試させてくれるものが好きだし、大事にしようと思っています。

「あそこに行きたい!」、「あれやってみたい!」、「あれ食べてみたい!」と私にワガママをぶつけてくる家族は、その最たるものです。

意気地なしで、出不精で、食わず嫌いで、面倒くさがり屋の自分の背中を、後ろから“どーーーん”と押してくれる家族の存在は、とても貴重なものだと思っています。

話が少し逸れてきました。



そんなわけで、教育の究極目標「自立」のために最も大切なのは、「試してみる」ことへの「勇気」だと思います。

物事の成否、できたか、できないか、も大事かもしれません。

実行の是非、やったか、やらないか、も大事かもしれません。

以前はそのどちらが重要か考えていた時もありました。



しかし今は、それを成り立たせるための大前提となるもの、行動への勇気こそが大事だと思います。

私たちは、挑戦しなければ、学べないのです。

だから何とかして、生徒たちを勇気づけなければいけません。

「勇気づける」という勇気をもち続けることが、教師には必要なのです。

【教育実習生へ】5日目への所見と解説2018/05/14

毎日、生徒全員に声を掛ける余裕のないのが実情です。

生活記録ノートの交換にはさまざまな教育的意味があり、

生徒との貴重なコミュニケーションになったり、

生徒の自己管理能力を高めたりできます。

そして毎日の変遷の中で、生徒の悩みやトラブル発見にもつながります。

先生は多忙ですが、生徒の一生の宝となるかもしれません。

がんばりましょう。





-------------



生活記録ノートというのが一般名称か分かりませんが、さまざまな生活ノートが出されていますね。各社、いろいろな工夫があって、手帳選びのようで楽しいです。

生活ノートをきちんと書く生徒は、忘れ物も少ないですし、精神的にも落ち着いている、生活も安定していると言えます。

書いてくれるだけでもありがたいので、書かないからといって叱ったりはしません。

私の助言やコメント、私との交流を必要としていないんだな、と感じて少し寂しかったりします。

しかし、何も書かなくても普段から提出させておくことで、生徒が何かあったときに、担任に書いて知らせることができます。

普段から出していないと、突然提出したときに、周りの生徒に「どうしたんだろう?」などと余計な詮索をされることが心配されます。

ですから、根気強く提出するよう促しています。





昔、1年間だけ受け持ったクラスの生徒が、成人式で会った時にこんなことを言いました。

「わたし、先生の書いてくれた生活ノートだけは捨てずに取ってある。
3年間できちんとコメントを書いてくれたのは先生だけだった。」

こう言われてしまったら、こちらももう手を抜けません。

私自身も中学時代の生活ノートは捨てずに持っていますが、確かに担任はいろいろなことを書いていてくれました。

ちなみに、上記の生徒はその後、保育士になりました。今では連絡先も知りませんが、元気に頑張っていることを願っています。

【教育実習生へ】4日目への所見と解説2018/05/11

「教師はチームである」という意識を持ちましょう。

学校で行われる全ての教育活動には、必ず目的があります。

目的を達成するために、先生方の思いや願い、経験や知恵が合わさって、計画を立てています。

生徒指導も同様で、自分の役割に責任を持ちつつ、

多様な価値観を持ち、多面的なものの見方ができるように、

教員間でも謙虚に学ぶ姿勢が大切だと思っています。

ときに阿吽の呼吸で咄嗟に行われる指導の基盤に、チームワークがあります。



---------------------



小学校の先生は担任一人で一クラスの全ての授業を受け持つので、チーム意識が芽生えにくいと、聞いたことがあります。

小中一貫校の先生方に話を聞くと、中学校の先生方のチームとしての動きを、小学校の先生が見習うようになった。とかですね。

中学校は複数の教員が複数のクラスを受け持つので、なおさらチームとしての連携意識が高まります。



学級担任としての責任もありますが、教科担任としての責任ももって、いろいろな教室に入ります。

たくさんの生徒のことを、それだけたくさん知っていることになるので、指導にも加わりやすくなります。

反対に、学級数が多くて、受け持ちでないクラスのことがなかなか分からないのが、難しいところ、困るところですね。



それでも、チームであることは変わりありません。

生徒が問題を起こした時には、A先生が叱ったならば、B先生はフォローします。

生徒がケンカをした時には、A先生とB先生が生徒同士顔の見えないところまで引き離します。C先生は野次馬になっている生徒を教室に戻します。

生徒がケガをした時には、A先生が生徒に対処し、B先生が養護教諭に連絡し、C先生が管理職に報告し、D先生は周りの生徒を落ち着かせます。

学年主任や生徒指導担当のもと、計画的に指導に入るときもあります。

もしいなければ、その場で判断できる先生が、みんなが判断できればそれはもう本当に阿吽の呼吸で、チームとして動いています。



そうするためには、教員同士が互いに信頼関係を築いておくこと、自分の得意・不得意を心得て、かつ自分の役割を遂行することです。

そこには、責任と謙虚さと行動力が求められます。

そして、それは頭で分かればすぐに身につくものではなく、生徒に対する多様な価値観、多様な見方ができるように、常に学ぶ姿勢をもち続けなければいけないのです。





もう一つの話、「全ての教育活動には目的がある」についてですが、これもまったくその通りです。

しかし、毎年同じ行事が繰り返されているので、職員会議の場では、「要項の1、目的については後でご覧ください。」などと言われて、省かれることも多いのです。

しかし、ここには非常に重要なことが書かれています。



どうしてこの行事(教育活動)を行うのか。

どんな方法で行おうとしているのか。

どこまで見通してやろうとしているのか。

生徒に対して、どんな生徒になってほしいと願いが込められているのか。



例えば、2年生が学習旅行に行くときには、

学級づくりが目的なのか(であれば、クラス写真を撮るなどの機会が必要になる)、

修学旅行の練習が目的なのか(であれば、班別行動や公共交通機関を使わせるようになる)、

職場体験も視野に入れるのか(であれば、事前指導の中で街の人にインタビューしてくるよう伝える)、

そのように考えると、指導内容や指導計画も変わってくることになるはずです。



以前に、素晴らしい学年経営をされる主任(今でも尊敬しています。)に、「どうしてこんなに感動的な行事になったんですか?」と聞いたことがありました。

「うん、目的だよ。今回の行事の目的をよく読んでみると、去年とほとんど同じなんだけれど、ちょっと変えたんだ。」

「そしたら、それを実現するためにはどうしたらいいのかって、次の計画や段取りが変わってくるし、生徒に話すことも変わってくるんだよ。」

「毎年同じだから、じゃなくて、時には目的からきちんと見直すことが大事なんだよ。」

そんな風に教えていただきました。

それ以来、職員会議の要項にあるいろいろな計画の「目的」には、しっかり目を通すようにしています。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...